代表理事 (会長) 飯村 保
常任理事 (副会長) 松崎 健一郎
常任理事 (副会長) 照山 洋
常任理事 (副会長) 川崎 定信
理事 立石 尚之
             城石 幸雄
平   宗子
近江 礼子
小松崎智子
渡辺 敦子
猿田 茂
御供 文範
監事 大森 政美
            (新) 川崎 一男
事務局 飯村 保
平   宗子
長江 慶治
トップページに戻る
小松寺・平重盛公墳墓 城里町

茨城民俗学会規約

 

第一条 本会は茨城民俗学会と称し、事務所を茨城県におく。

第二条 本会は茨城県内の民俗研究と民俗文化財の収集、調査、及び会員相互の親睦、連絡を図り郷土文化の究明と向上を目的とする。

第三条 本会は、前述の目的を達成するため次の事業を行う。
 イ 会誌の発行
 ロ 民俗文化財調査、及びその成果の資料公刊
 ハ 談話会の開催
 ニ その他本会の目的達成に必要な事業

第四条 本会の目的に賛同し入会を届出た者を会員とし、会費は次の通りとする。
  会   費 年額    4,000円
  学生会費 年額    2,000円
  賛助会費 年額   10,000円
    学生会員については、学生である期間だけでなく30歳までは同額の会費とする。
    なお、文書等で督促後2年間分の会費納入が確認できない場合は、退会とみなす。

第五条 本会に左の役員をおく。
  イ 理事、常任理事  若干名(代表理事は常任理事の互選による)
   なお、代表理事を会長と称し、他の常任理事を副会長と称する。副会長は、会長を補佐し、
   会の事業執行にあたる。また、会長に事故あるときは、次の改選までの間、会の業務を分担
   等して代行する。
   理事は、事業執行にあたる。

 ロ 監 事  2名
   役員の任期は2年とし再任を妨げない。

第六条 本会に顧問若干名をおくことができる。顧問は、総会で推挙する。
  また、本会に永く在籍し会に貢献があった会員については、理事会の承認により会費を免除
  する特別会員とすることができる。
  特別会員は、総会出席や投稿及び事業等について一般会員と同等の権利を持つ。ただし、
  会誌の配布は行わない。

第七条 会務運営のため、事務局、編集委員会及び談話企画委員会をおく。
  事務局は、庶務及び会計を行う。なお、事務局の代表を、事務局長と称する。
  編集委員会は、会誌の編集、広告に関わることを行う。
  談話企画委員会は、年間の事業計画をたて、総会、談話会、講演会、研修等の運営に関わ
  ることを行う。

第八条 本会には理事会の承認を得て、支部を設けることができる。

第九条 本会の経費は会費、その他の収入をもってこれにあてる。
  本会の会計年度は4月1日から翌年の3月31日までとする。

第十条 本会は毎年一回総会を開き、役員の選任、予算、決算の議決並びに諸報告を行う。なお、議長は会員の中から選出する。

 

(付則)

  本規約は、昭和38年7月14日より施行する。
 本規約は、平成12年5月28日一部改正する。(評議員の廃止)
 本規約は、平成24年7月15日一部改正する。(各種委員会等の再編)
 本規約は、平成26年6月8日一部改正する。(学生会費の創設)
 本規約は、平成27年6月6日一部改正する。(代表理事を会長と称する等)
 本規約は、平成30年7月1日一部改正する。(常任理事を副会長と称する等)
 本規約は、令和元年6月23日一部改正する。(学生会員会費規定改正、特別会員の創設)

 茨城民俗学会設立
                 昭和3814



〇茨城民俗学会 役員





規約・役員
 
 

 




 ご挨拶
 会誌「茨城の民俗」
 談話会
 現地研修
 総会
 会の歩み
 
 投稿規定
 入会案内
 刊行物
 会員専用ページ
 
 トップページに戻る